ゴルフが女性を幸せにする理由
ゴルフ

女性初心者のゴルフマナーゴルフ場への行き帰りの服装はどうする?

ゴルフは、クラブを買う前に、体験してからはじめよう!

 行き帰りの服装のマナー

プレー中の服装ばかりに目がいきがちですが、実際にゴルフ場までの行き帰りではどんな服装がいいのでしょうか?

まずカジュアルすぎる服装はNGです。例えば、GパンやTシャツなどですね。

シャツは襟付きでないと基本的にダメですね。上着としてジャケットを着用するのが良いです。

最近のゴルフ場では、ゴルフウェアで行って大丈夫なところもあります。

しかし基本的には、ゴルフプレー中に着る服であるゴルフウェアと分けて、異なる洋服で行くのが無難です。

靴は、サンダルや下駄はNGです。低めのヒールの靴を選ぶようにしましょう。

ゴルフに行くなら【MIIC】



ゴルフの歴史

ゴルフは元来、男性のみの利用だったことから、女性に対して開放されたのは歴史が浅いです。

なので、女性に求められる服装の基準は明確とはいい切れません。

なので、男性に求められている服装を目安にしてえらんでおくのが良いと思います。

男性の服装にはジャケット着用、襟付きシャツ、スラックス、革靴という格好が求められます。

 

そこから考えると、

ジャケット
襟付きシャツ ・ストッキング・タイツ着用ならワンピースも可

・襟付きシャツでも裾だしは禁止

ベルトを着用したフルレングスのパンツ スカートの場合はストッキング・タイツ着用
パンプス 革靴、低いヒール可
その他 クラブハウス内では帽子、手袋、サングラスの着用を禁止しているところもあります。

主に上記のような点に気を付けていれば、ほとんどのゴルフ場で大丈夫だと思います。

セミフォーマルをイメージした服装を心がける

ゴルフ場の運営スタイルは、メンバーシップコースとパブリックコースの2種類に大きく分かれます。

簡単にその違いを説明しますと、メンバーシップコースは、会員(メンバー)、あるいは会員の紹介でしかプレーできないコースです。

一方のパブリックコースは、会員であるか否かに関係なく、平等に扱われるゴルフ場のことです。

ですので名門コースといわれるコースはほとんどがメンバーコースということになります。

このような名門コースでは、厳格なドレスコードやエチケットが存在し、メンバーであること自体が一種の社会的ステイタスになっている場合もあります。

以上のように、ゴルフ場が名門のメンバーシップコースでは服装の規定が厳格で、一方の誰でも利用できるパブリックコースでは服装の規制が厳しくないという傾向があります。

いずれにしても、基本的にはセミフォーマルな服装を心がけていれば大丈夫だと思います。

 

  NGな服装の具体例

一応注意事項としてあらためて掲載します。NGとされている服装は下記のようなものです。

トップス Tシャツ、Vネックのシャツ、タンクトップ、キャミソール、トレーナー、ジャージなど。
パンツ ジーンズ、7分丈パンツ、短パン、ホットパンツ、ジャージなど。
シューズ サンダル、スニーカー、ミュール、ゴルフシューズなど。

ゴルフに行くなら【MIIC】



最もシンプルなスタイル

『ゴルフをプレーすることを純粋に楽しむ』と考えるならば、ゴルフシューズ以外の服装はゴルフウェアを下地にして、上からジャケットを羽織って終わりとするのは有りだと思います。

なので、最低限の基準のスタイルをこのようにしておいて、マナーやルールの範囲内で自分の好みを存分に発揮するという楽しみ方が良いのではないかと思います。

ゴルフは、プレー中、クラブハウスと、いろいろと服装に関するルールがあり堅苦しく敷居が高いと感じさせるところがあります。

最初のうちは、どの程度なら大丈夫か、不安な点は多々あるかと思いますが、習うより慣れろで経験を重ねていき、少しずつ自分の色を出していければ楽しいゴルフライフになると思います。

あなたのゴルフライフが楽しくありますように。

追伸:もしあなたがまだゴルフをやったことがなくて、これからゴルフをやってみたいなって思われているのであれば、高価なクラブを買わずに、とりあえずゴルフを体験できる方法があり、別記事で紹介しています。よろしかったらどうぞ。

 

ゴルフは、クラブを買う前に、体験してからはじめよう!